読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だってそこには愛しかない

嵐好き、やや事務所担のジャニオタ骨折をする

SMAPに思うこと

昨日からずっとSMAPについて考えている。

なぜあんなにも悔しいという気持ちが出てきたのか。

 

正直に言ってしまえばSMAPはジャニーズ全体が好きな私の中での優先順位は低い。

黄金期にジャニーズを見始めた私にとって1番好きなのは嵐やタキツバ、関ジャニ∞の黄金期。

次に黄金期がバックについていたJフレ。次が後輩グループ。

SMAP以上の世代はあまり関心がなかった。

なのになんでこんなにも悔しいのか。

 

自分の中で1つの答がある。

SMAPには常に王者でいて欲しかったのだ。

 

嵐が10周年を過ぎた辺り。勢いだけならSMAP以上だったのではと感じていた頃。

紅白歌合戦でのSMAPの出番。

5人が出てきたときに思った。

圧倒的なオーラ。

存在感。

そして紅白の舞台を自分達のものにしてしまう力量。

さすがSMAPと思った。

やっぱりSMAPは王者だと思った。

嵐はまだまだここまできていない。そう思った。

 

SMAPには王者として常に堂々としていて欲しかった。

終わる時が来たとしても、堂々と終わって欲しかった。

それが、こんなゴタゴタに巻き込まれて解散しなくてはならない。

それが悔しかったのだ。

 

そしてもう1つ。

今年の紅白、白組司会・相葉雅紀

SMAPとバスケットをしたいとジャニーズの門を叩いた。

その彼が初めて単独で司会をする。

SMAPがきっかけでジャニーズに入った彼にSMAPの曲紹介をして欲しかった。

バスケではないけど、きっと彼はうれしいはずだ。

その光景を見たかった。

 

もう叶うことがない夢かもしれない。

でもいつか叶うことを願っている。